休みになると欠かさず行っているムダ毛処理

あたしは休みになると欠かさず行っていることがあります。
実を言うとむだ毛の対処です。
そうする訳は突発的に用事ができたときに無駄毛の始末がちゃんと終わっていないと嫌だからです。

そうでないとわたしは不安で仕方なくて、遊ぶに遊べなくなってしまいます。
だから必死になってむだ毛のお手入れを行うのです。

知らないうちに生活の一部になっていて、自分は毎週「花の金曜日」と言われる日には遅くならないように帰途につき自宅でむだ毛のお手入れを行います。
そして準備万端にしたところで一息つけるんです。

このときにむだ毛のお手入れが済んでないと全然落ち着かないので、外出は控えてしまいます。
そのくらい休みの日にむだ毛の対処をやっていないのは怖いことなのです。
驚くほど不安症になってしまって、自身でもビックリしています。

けれどパターン化してしまうと簡単には止められません。
金曜日になるとあたしがやきもきするのは「むだ毛の対処を実行しなければならない」と言う気持ちになるからです。
少し心配しすぎてしまう自身が悩ましいし、なんとかこのクセをなくしたいです。

無駄毛のお手入れは女性なら切っても切れない問題でしょう。
自身で処理したり、エステとかで脱毛処理をやったり、様々なお手入れ法があります。

あたしは、よく自力で小まめに無駄毛の始末をしています。

よく女優さんとかがTVで『全身脱毛したんです』と打ち明けていたりして、自身でお手入れするよりもプロに処理してもらった方が、お肌にいいだろうし、それこそ対処がなしになって楽だろうなぁという興味本位で、全パーツの美容脱毛について調べた事があります。

あたしの知り合いに聞いた話で、思春期のころに、不要な毛が若干のび始めただけでも我慢できなくて、来る日も来る日も頻繁に無駄毛ケアを行っていました。
その友だちは専用のカミソリでお手入れしていたようなんですが、突然ひざ下全部に痛みを感じ、その痛さがピークに達してしまい病院で見てもらったらしいのですが、むだ毛ケアのやり過ぎで真っ赤に腫れていたんですって。

そこから1年間、長い間スネを保護するためにシートみたいなものでその部分をカバーしていたらしいです。

あたしもけっこうマメに剃ることが多いので、セルフケアでやるより、脱毛施設で美容脱毛した方がいいに決まっているので、体験コースを経験してみました。
でもお値段は安くはなかったので、安い部分だけやって、本格的には「全身脱毛」に至っていません。
自己処理で行うので、やはり切ってしまったり、剃刀負けしたりする時もあるのですが、出来る限り処理後は保湿剤をつけて、お肌が潤うように心掛けています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ